日大明誠高等学校

日本大学明誠高等学校は50周年を迎えました。

保健室

保健室

養護教諭1名が常勤しております。

生徒のみなさんへ ~こんなときに来室してください~

体調が悪くなったとき

体調について、まずは話を聞きます。医療機関や薬局ではないので、内服薬は渡すことができません。必要な薬は、個人で用意してください。

授業復帰・休養・早退等対応を考えます。場合によっては医療機関受診等も考えます。
なお、保健室での一時的な休養は、原則授業1コマ分です。

ケガをしたとき

保健室では、登校中・授業中・部活動中の負傷のみ応急手当をします。当日のみ対応しますので、継続して看ることはできませんその後の手当や観察は、医療機関や家庭で行うようにして下さい。腰痛等の持病で日常的に湿布等を使用(交換)する場合には、個人で用意しましょう。また、すり傷や切り傷は水できれいに洗ってから来て下さい。

相談したいとき

保健室でも、養護教諭が相談に乗りますので、休み時間に来てください。また、日本大学学生相談センターから火曜日と金曜日にカウンセラー(臨床心理士)が来ています。学校生活などで困ったことや心配なことがありましたら、一緒に考えてくれます。ぜひ相談室(保健室隣)を利用してみて下さい。

予約は、当日の場合は相談室へ直接来室してください。前日までの場合は保健室で受け付けます。

その他、お願い

  • 小さなケガや緊急性のない場合は、休み時間や昼休みに利用しましょう。
  • 体調やケガについて話を聴きます。自分の状態を、自分の言葉できちんと伝えてください。
  • 休養している人がいます。静かに入室しましょう。

保護者の方へ ~日本スポーツ振興センターの手続きについて~

学校管理下(部活動・授業中・登下校中・休み時間など)における災害(負傷・疾病・傷害又は死亡)に関して医療機関で治療を受けた場合、医療費の給付を受けることができます。しかし、傷病に係る初診から治癒までの間の医療費総額が500点(5000円以上)に満たない場合は給付対象となりませんのでご注意ください(病院の窓口で支払う額で考えた場合は、1500円以上)。
給付を受けたい方は、まず「給付申請の流れと注意点」をご覧ください。その上で、保健室に直接来室するか、以下の書式をダウンロードして書類を受け取り、手続きをすすめてください。

入学時に配付いたしました資料もしくは、日本スポーツ振興センター災害共済給付をご覧ください。(トップページから「保護者の方へ」をクリックすると、わかりやすい説明があります。)

給付申請の流れと注意点

  1. 保健室に直接来室するか、ダウンロードで書式を受け取る。
  2. 初めて申請する方、2回目以降でも別災害で申請する方は、生徒が直接保健室に来て下さい。災害状況を聞きながら養護教諭が説明いたします。

  3. 災害報告書はすべて生徒本人・保護者が漏れなく記入する。
    • 災害報告書は、災害ごと記入していただきます。また、災害報告書は保健室でお渡しします。
    • 災害報告書記入について・・・災害給付金額が決定いたしましたら、ご指定の口座にお振り込みいたしますので、口座番号等をご記入ください。銀行の統廃合で支店名が変更している場合がありますのでご確認の上、お間違いのないようご記入ください。また、災害時の状況をセンターに知らせる必要がありますので、できるだけ詳しくご記入ください。
  4. 医療等の状況は、医療機関で記入をしていただいてください。
  5. すべての書類を揃え、保健室に提出してください。
    治療が継続している場合、治療が終了している月の書類は申請できます。月ごと申請、治療完了後一括して申請、どちらでも構いません。
  6. 給付金額決定後、生徒を通じてその旨をお伝えし、ご指定の口座にお振り込みいたします。

*災害発生から初回の申請は、2年が期限ですのでご注意ください。
*在学中の災害であれば、卒業後も継続して申請が可能です。
その他、ご不明な点は保健室までお問い合わせください。

■書類ダウンロード
http://www.jpnsport.go.jp/anzen/saigai/downroad/tabid/81/Default.aspx

学校感染症に係わる学校所定書式

学校感染症にかかった場合は出席停止扱いとなります。医師に学校感染症であると診断されは場合は、学校にその旨を届け出ることによって出席停止となります。届出に必要な学校所定用紙が必要な方は下記のリンク先のファイルをプリントアウトしてご使用下さい。登校後1週間以内に学級担任へご提出下さい。

登校許可書(治癒証明書)

[参考] Wikipedia 「学校感染症」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87)より

■学校保健安全法施行規則第18条で定められている感染症は次の通りです。

第一種の感染症
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、ポリオ、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARS(サーズ)コロナウイルスであるものに限る。)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであつてその血清亜型が H5N1であるものに限る。)。
上記の他、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第7項 から第9項までに規定する新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症。

第二種の感染症
インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹、水痘(み ずぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核

第三種の感染症
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症この他に条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患として、次のようなものがある。
溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症、アタマジラミ、水いぼ(伝染性軟疣腫)、伝染性膿痂疹(とびひ)

ページトップへ戻る

このページのトップへ