チョコレート◎保健室◎

2015年がスタートして、もう1ヶ月が過ぎました。
今も過去も与えられている時間は同じなのに、私自身、高校生時代よりも確実に今のほうが、「時間の流れのはやさ」を感じています。

保健室の近況ですが、この3日間、来室者が非常に少ないです(ゼロではないですが)!!
これはめったにないことです。
いろいろな条件が合わさり、このような状況になっていると思いますが、
みなさんが健康な学校生活を送れている・・・そう思いたいです。

さて、来週は世間の女性たちが忙しくなる?チョコレートのイベントがありますね。近年は友達同士で交換する友チョコや、男性から女性に渡す逆チョコなど、もう何でもありなイベントになっています・・・。今日は、そんなチョコレートの主材料、カカオに含まれる「カカオポリフェノール」の効果に注目してみました。

現代社会はストレスだらけ・・・そんな生活の救世主となるかも?
ある動物実験では、「カカオポリフェノール」にストレスホルモンの分泌を抑える作用があるという結果が出たそうです。カカオポリフェノールを含む食べ物をあらかじめ与えておくと、ストレスを感じる場面に遭遇しても、ストレス反応が抑制されることもわかったそうです。また、すでにストレスを感じている場合も、カカオポリフェノールを与えることにより、ストレス反応が緩和されることも明らかにされているようです。
最新の研究結果は、チョコレートの成分が直接身体に働きかけて症状を改善してくれる「抗ストレス効果」があることを示しているそうです。
おいしい+ストレス緩和の効果が期待できるチョコレート!食べ過ぎや食後の歯磨きに注意して、上手にストレスと付き合っていきましょう。

〈参考・引用〉
みんなの健康チョコライフ【http://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/relation/stress/】