インターハイ予選準々決勝 結果

日本大学明誠高等学校 vs 帝京第三高等学校

1    ━      4

会場 韮崎中央公園芝生グランド  6月12日(日)  13:30 kick off

応援ありがとうございました。

顧問の後藤先生からコメントを頂いていますので、ご覧ください。

立ち上がりからセカンドボールを拾われる苦しい展開が続きましたが、相手のミスからうまくパスを回し、3年山口翼のシュートが決まり、先制しました。
その後、自分達のミスからピンチを作ってコーナーから前半2失点して1-2で前半を折り返しました。
ハーフタイムの指示で、後半の入りと次の1点の重みを話しましたが、警戒していた後半立ち上がりにミスから2失点してしまいました…。メンバー交代で点を取りに行きましたが、チャンスもありましたが、決めきることができす、そのまま1-4で試合終了となりました。
前後半通じて失点の時間帯、仕方がもったいなかったのと同時に点差ほどの差もないのを感じています。だからこそ、勝ちを掴めなかった点に非常に悔いが残ります。
3年生にとっては、全国で活躍することのできる大会も選手権のみとなりました。

選手権に向け、リーグ戦、夏のフェスティバル、日々の練習でさらに個人、チーム共に鍛えて、目標達成できるよう、頑張ります。
本日も、多くの方の応援本当にありがとうございました❗

日大明誠高校サッカー部顧問 後藤 聡志

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です