2016.7.9山梨県ユースリーグ1部 結果

日本大学明誠高等学校 vs 東海大学付属甲府高等学校

2     ━       3

会場 押原G   11:40 kick off

応援宜しくお願いありがとうございました。

顧問の後藤先生からコメントをいただいていますので、ご覧ください。

前半コーナーキックから関根拓実が押し込み、先制し、リードして前半を折り返しました。後半、失い方の悪さからアーリークロスを入れられ、詰められて失点。その後メンバー交代を図り、途中出場の山口翼が裏へ飛び出しキーパーをかわして決め
、再び突き放しました。その後チャンスがありながらも決められず、逆に1失点目と同じように決められ、2━2の同点になりました。
その後どちらもチャンスがありましたが決められず、シュートのこぼれ球を詰められて2━3となり、試合終了となりました。

2度のリードを追い付かれ、ひっくり返された試合展開は反省しなければなりません。いい部分も多くあっただけに、この結果は非常に残念なものとなりました。

来週前期最終節がありますので、日頃から質を高めて、より厳しいトレーニングを課していきたいと思います。初スタメンや初のメンバー入りを果たした選手もいますので、下ばかり向かずに次節勝ち点3をとれるように頑張りたいと思います。
雨の降る中、多くの保護者の方々にお越しいただき、ありがとうございました!

日大明誠高校サッカー部顧問 後藤 聡志

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です