【海外語学研修】7月31日の日誌から(Shotaro&Mutsuki)


~Syotaroの日誌から~
今日は最後のバディとの授業でした。
これでバディのマイケルとは会う機会が少なくなってしまうので、
木曜のランチタイムに日本人みんなで日本の文化的なものを踊るから見に来てと言ったら、
大きな声で「of course」と言ってくれたので、嬉しかったです。
その後のラグビー体験では、自分は体調が悪く見ているだけだったのですが、
友達のTomoyukiが堂々と選手にパスしたり、相手の選手をディフェンスで止めたりしているところが、とても印象的でした。でもやっぱりニュージーランド人は体も大きく、色々な技術で相手を抜かしたり、
パスをしたりしていてすごいなと思いました。
自分も日本に帰ったら、たくさん練習してニュージーランド人に近づきたいです。

(ラグビーの練習の様子 Photo by Shotaro)

(Shotaro)

~Mutsukiの日誌から~
ジョージ先生の授業は土産についてだった。自分の買ったものを絵に描き、それを紹介した。
マオリの生徒との文化交流で行ったハカでは、一連の動きを掛け声と共に動いた。
やってみると案外難しくて、声と動きを合わせるのが大変でした。覚えられたので、日本でも出来るかもです(笑)。
ホストファミリーでの食事は私に大きなものを与えてくれました。まず、周りより自分は恵まれている家だという事。
他が分からなかったので、とても驚きました。そしてご飯が多くて、美味しいという事。
これは愛されているんだなと痛感しました。
今回を機に残り3日間は逆に自分がホストファミリーに尽くせればいいなと思います。
今まで以上にホストファミリーに協力して感謝の気持ちを表せたらいいなと思います。

(Mutsuki)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です