リアルボイス

在校生

中野 苺香 さん

特進コース 2年

日大明誠は自分次第で毎日を楽しく、
充実した学校生活を送ることができます。

日大明誠には、とても優しく、生徒一人ひとりに寄り添ってくれる先生方がいます。私自身、学校生活や勉強のこと、部活動のことなどでたくさん悩んだり困ったりすることが多くありましたが、先生方は忙しくても生徒のことを考えてくれているので、安心して楽しく学校生活を送れます。普段から先生方と気軽にコミュニケーションをとることができる日大明誠独自のアットホームなところもよいところだと思います。

私は特進コースなので、日本大学はもちろん、他大学への進学も考えているので、普段から復習をかかさずして、つまずかないように自習学習をするなどの努力をしています。また、私は生徒会執行部に所属しています。生徒会と聞くと、固いイメージがあるかもしれませんが、生徒会のメンバーはみんな明るくて、元気で笑いの絶えない組織です。そんな生徒会で自分を変えるために、周りをよく見て、何をすれば良いかを常に考えながら、自主的に行動することができました。生徒会がどんなに忙しくても、勉強と両立することを意識して、どちらも一生懸命全力で取り組んでいます。

卒業生

佐藤 希乃歌 さん

日本大学経済学部産業経営学科

部活動と勉強の両立は大変でしたが、
進路も希望を叶えることができて、
コロナ禍でもとても充実した3年間でした。

3年間所属していたダンス・チア部の活動と勉強の両立は大変でしたが、私としては"文武両道"ができたと思っています。部活動では全国大会入賞や大きなスポーツのイベントにもたくさん参加することができました。またTVを始め多くのメディアにも出演させていただきました。

日大進学のための基礎学力到達度テストに向け1番勉強しなければいけない夏休みに、いろんなイベントや全国大会がり毎日忙しくかったです。そのため勉強をする時間を作るのがとても大変でしたが、放課後の部活までの間、友達と自習室に行ってみたり、”電車で単語帳は開こう”というルールを友達と決めてみたり、お互いにモチベーションをあげていました。また先生方も授業以外に講習や面談など、私たちの勉強に付き合ってくださいました。そのおかげで、志望校に進学することができました。

菱山 和達 さん

電気通信大学 情報理工学域

日大明誠での思い出や学んだことは
この先ずっと忘れることはないと思います。

日大明誠の良いところは、やりたいことは何でもできることです。普段の授業はもちろんのこと、部活動や学校行事にも十分に熱を注ぐことができ、まさしく文武両道が実現できる高校だと思います。また、文化祭での壁画作成などの学校行事は生徒が主役となって行っており、自分が参加しているという意識がはっきり持てるところが日大明誠の良いところの一つだと思います。

僕の今のところの夢は、ゲームプログラマーとして働き、世代を超えても人気のあるようなゲームタイトルを製作することです。これは、IT化が進んでいくことで、そういった技術の進化に適応しやすい若い世代の人たちと、適応するのが難しい年代の方との溝を埋めるためにゲームというIT化の影響を受けやすい娯楽を通し、世代を超えたコミュニケーションがとりやすくなるのを手助けしたいと思ったからです。

教員

小泉 宏太 先生

国語教師

集団としてではなく、
1人ひとりと向き合うこと。

日大明誠の良いところは、生徒1人ひとりを大切にしているところです。同じ学年、学級、部活動であったとしても、それぞれが抱える問題や悩み、課題は異なります。普段の授業やHR、学校行事、二者面談などを通して「生徒を知る」ことができていると思います。また教員間のコミュニケーションが活発なので、いろいろな角度から生徒に関わることもできています。

日大明誠は、素直な生徒が多いです。また意欲を持って取り組む生徒たちなので、そういったことが部活動の好成績や学校行事の盛り上がりにつながっていると思います。

将来どうなりたいとか、こういうことをやりたいとか決まっていなくて大丈夫です。日大明誠高校は「やりたい」と意欲をもって臨めば、多くの素晴らしい経験ができる学校です。そういったことを通して先輩たちも将来を考え、進路をしっかり決めて卒業していっています。ぜひ一緒に充実した高校生活を送りましょう。