会長挨拶

会長挨拶

この度、令和3年度の後援会会長をつとめさせていただくことになりました、西川秀嗣と申します。生徒たちの成長のために、後援会の皆様と先生方との交流を深め、日本大学明誠高等学校がより一層発展していけるよう、精一杯つとめて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

後援会は、昭和35年4月に日本大学明誠高等学校の開校と同時に発足されました。先輩方が築き上げてこられた歴史と伝統ある後援会活動は、日大関係者以外の方からも称賛を頂いている素晴らしい活動です。

私も、これまで楽しく後援会の活動をさせていただき、生徒たちや先生方、そして後援会の皆様と交流を深めることが出来、感謝の思いでいっぱいです。

しかし、昨年からの新型コロナウイルス感染拡大により、この2年間は思うような活動が出来ず、子供たちのために少しでも力になりたいと、後援会活動にご参加されている役員、委員の皆様には、本当に申し訳なく思っております。

まずは、生徒たちの安全が第一です。校長先生をはじめ、教職員の皆様も生徒たちに安心して、そして充実した高校生活を送れるよう、大変に苦慮されていることと思います。後援会も、先生方と連携を深め、生徒たちの学校生活が少しでも充実するような環境づくりを、教職員の皆様とともに、目指して参りたいと思います。

春になると、明誠高校にも美しい桜が咲き誇ります。日本人が愛する桜も、寒い冬があってこそ、初めて美しい花を咲かせます。

これからも感染状況により、活動が中止・延期なることもあるかもしれません。しかし、このコロナ禍を乗り越え、後援会としても歴史ある伝統を守りつつ、より素晴らしい新たな伝統を、皆様と共に築いて参りたいと思っております。

それでは、例年行っている後援会活動について、一部ではありますがご紹介させていただきます。

誠祭(学園祭)でのバザーの開催

誠祭において、バザーを行っています。これは、日頃からお世話になっている上野原市の皆様や生徒たちを見守ってくださっている多くの皆様への感謝の気持ちを込めて開催しているものです。多くの皆様が、毎年楽しみに朝早くから来てくださり、バザーを通したコミュニケーションが誠祭に彩りを添えてくれます。

強歩大会への支援

学校行事である強歩大会では、コースの管理や生徒たちへの声援、豚汁作りを行います。約1000人分の豚汁を作り、ゴールした生徒たちに振る舞うことで、生徒と保護者の交流が生まれます。生徒たちの身も心も温め、疲れを癒してあげたいと思います。

卒業謝恩会の開催

卒業式の後、3年間お世話になった先生方に感謝の気持ちを伝えるために謝恩会を開催します。3年間の高校生活の様々な思い出話やエピソードを先生方からお聞きし、あらためて先生方にお礼と感謝の意を伝えられる会にしたいと思います。

その他

その他、日本大学への研修会や、後援会支援行事の様子などを皆様にお伝えする広報誌の発行や学校HPへの情報提供、後援会Facebookの更新と運営などを行います。

このように後援会は、学校行事を支援しながら、生徒たちの学校生活が更に充実するような環境づくりを、教職員の皆様とともに、目指して参りたいと思います。保護者の皆様のご理解と、積極的なご参加、ご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

facebookページ

facebookページ上で後援会についての情報がご覧になれます。下記のリンクからどうぞ。